スクリーンショットで情報収集するWebcliple

Webcliple(ウェブクリップル)は特定のサイトに表示されるバナー広告を自動的に収集したり、特定のキーワードで検索した順位や他社が出している広告を、設定した間隔で自動的に記録することができます。

必要な部分だけ見る

ウォッチしたいバナーの箇所など、ページ内の一部分だけを保存することができるので、不必要な部分をカットしてスクロールの手間を省けます。

画像で記録に残す

頻繁に入れ替わる検索結果など刻一刻と変化する情報は、過去の状況を遡って見ることが困難ですが、スクリーンショットで画像化しておけば時系列に状況を確認することができます。 

画像で集約する

ウォッチしたいサイトがたくさんあると、更新されていないかを確認するには、それぞれに頻繁にアクセスする必要がありますが、スクリーンショットで画像化すれば、たくさんある情報源から一箇所に情報を自動で集めることができます。 

 

Case

Webclipleを活用する場面

SEO対策

専用のツールを使えば特定のキーワードで自社サイトが何番目に表示されているかを調査することは可能ですが、他社も含めてどのような順位で表示されているかは、わからないため対策を考えるには情報が少なすぎます。順位がめまぐるしく変化する人気のキーワードに対応するには情報収集が欠かせません。
 

リスティング広告

GoogleやYahooでリスティング広告を出すと平均で何位に表示されたかを把握することができますが、他社も含めてどのような広告が出されているのかは、実際に検索してみないとわかりません。競合相手の動向をしっかりウォッチして広告予算をコントロールしていく必要があります。

バナー広告

バナーが実際に何回表示されたのかはわかりますが、実際に目にしていないと納得感がありません。またプレースメントターゲットで広告を配信した場合、設定したサイトに広告が表示されているのか気になるところです。同じ場所にどのような広告がだされているのかも含めて定点観測が必要です。

Survey

アンケートにご協力ください

アンケートにご協力頂いた方は2ヶ月無料になる特典(クーポン)を進呈します。
以下に回答してクーポンをゲットしてください