防災に活用できるWebcliple

 
 
 
 
 
 
 

  
 

 課題 
 災害発生時は避難所で情報が不足する

 

 

 原因1
情報源が分散している

災害情報は自治体だけでなく、各省庁や民間企業もそれぞれが情報提供している。
住民はそれぞれのサイトにアクセスして、必要な情報を集める必要がある。

 解決策1
それぞれのサイトから必要な箇所を画像で集めてくる 

気象庁などのサイトからWebclipleを使って必要な箇所のみスクリーンショットを撮る。
その動作を一定間隔(最短1分)で繰り返し、新しい画像データを同じファイル名で上書き。
その画像をホームページ(CMS)に埋め込むと常に新しい画像が表示される。
※それぞれのサイト運営者から転載の許可をとる必要があります

 デモサイト「防災まとめ」
画像で情報を収集するサイト 

災害発生時に必要な情報を鉄道、道路、電力などの民間のサイトや自治体や各省庁のサイトから、画像データで集めてきたサイト。
 

デモサイト「防災まとめ」はコチラ

 大型ディスプレイを使った災害時の情報提供
避難所での情報提供に活用 

Webclipleを使うと庁内や外部のWebの情報は自動スクリーンショットでJpeg画像として保存され、一定間隔(最短1分)で最新の画像に上書きされる。
 
その画像をパワーポイントのスライドショーで表示する際に、Webclipleのパワーポイントプラグインが常に最新画像に差し替えて表示する。
 
この仕組を使うと避難所となる学校にある教育用の大型ディスプレイ(電子黒板)とパワーポイントがインストールされらパソコンを使って、避難住民へ最新の気象情報などを提供することができる。 

 原因2
ネットワークが分離している

インターネットと業務ネットワークを分離しているから情報を送れない

 解決策2
画像化することでWebを無害化する 

情報をスクリーンショットで画像データにして映像ケーブルで送信する 

実証実験レポート:兵庫県 西宮市役所様

レポートは コチラからダウンロードできます
 

2分でわかるWebcliple